高越城址
(たかこしじょうし)

 

 豪古襲来に備えて築かれた山城で、室町時代に伊勢氏の城となりました。南に旧山陽道と小田川を望み、山頂からは360度の展望が開けます。「北条早雲生誕之地」と巨大な石碑も建っています。

戦国の名将「北条早雲」(ほうじょうそううん)

戦国の魁(さきがけ)
 北条早雲は、1432年備中高越城主伊勢新左衛門盛定の子として生まれ、伊勢新九郎盛時と名乗り、青年期まで荏原庄で武芸と学問に励みました。
 33歳で京都伊勢氏の養子となって上洛し、足利義視の近侍となり応仁の乱で伊勢へ下る。その後、妹の嫁ぎ先、駿河の守護今川家の家督争いを治め興国寺城主となった。
 そして、堀越御所や小田原城などを攻略し、1516年に伊豆・相模を手中に収め、関東制覇の礎を築いた。
 このように、武勇と情勢判断に優れた早雲は、領国経営にも手腕を発揮し、領民から名君と慕われ、戦国大名の魁となったのである。
 ふるさと井原には、早雲が遊び、武芸・勉学に励んだ高越城址や法泉寺をはじめ、早雲が寄進したと伝えられる新九郎薬師や摺り袈裟の版木などが残されている。早雲ゆかりの史跡を訪ね、戦国のロマンに触れてみては。

【新九郎薬師】
 室町時代作の薬師如来で、早雲が祀ったと伝えられており、背中には、「祈願主新九郎」とかかれています。

【法泉寺】
 高越城主、伊勢新左衛門盛定(早雲の父)が建てた伊勢氏の菩提寺で、古澗仁泉和尚が開山。早雲も改修・造営を行い祖先の菩提を弔っています。

【摺り袈裟(すりげさ)】
 摺り袈裟は、伊豆の修善寺に納められ広く信仰されていたものを、早雲がもらい受け、法泉寺に寄進したと伝えられています。

【早雲筆禁制】
法泉寺にある早雲筆の禁制は、早雲の備中出身説を裏付ける貴重な資料です。

【大岩刻早雲供養碑】
伊勢氏の家臣だった平井氏が、早雲200年忌に彫った供養碑。大岩には「普早雲寺殿天岳瑞公大居士墳」と記されています。

【早雲と父の墓】
 法泉寺の境内にある2基の室町時代の五輪塔は、父盛定と早雲の墓と伝えられています。

●お問い合わせ先
所在  〒715-0002
 岡山県井原市神代町
      東江原町との境
クリックで大きな画像を表示します クリックで大きな画像を表示します
1.わかり難い山道です。 2.頂上付近の道ばたに小さな木の看板があります。
クリックで大きな画像を表示します クリックで大きな画像を表示します

総合案内板

クリックで大きな画像を表示します クリックで大きな画像を表示します

冠門

四の郭から一の郭に続く階段

クリックで大きな画像を表示します クリックで大きな画像を表示します

早雲誕生の地碑

三の郭

クリックで大きな画像を表示します クリックで大きな画像を表示します

山頂からの展望

山頂からの展望

クリックで大きな画像を表示します クリックで大きな画像を表示します

山頂からの展望

高越遺跡